「現役看護師の本音」看護師の転職で失敗しない方法を伝授!

転職をしたいけど、「転職サイト」や「エージェント」どちらを利用した方が自分にあった働き方が出来るのか心配と考えている方は多いのでは?

この記事は、看護師で転職をお考えの方のために、「看護師の転職サイト」や「看護師のエージェント」についてまとめています。

今回、インフルエンサーとして活動しながらも、現役で看護師として働いている「marii」さんに自分にあった看護師の転職の方法をお話していただきました。

この記事のエキスパート

marii

看護師をしながら空いた時間でフリーでモデル活動やインフルエンサーとして活動をしています。看護師として6年働いており、い...

ゆっくりと情報収集する時間がなかなか取れなかったり、初めての転職で不安という方へ。
転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

看護師が転職する時、病院以外の他職種で働ける職場はどんなところ?

看護師は国家資格であり、看護師免許を活かして働くことができるのは、病院や施設だけではありません。
資格を活かせる仕事には以下の様な職場があります。

子どもたちと触れ合える「保育園の看護師」

自治体によっては、0歳児の人数によって一定の数の看護師を保育園に置くように定めているところがあります。
基本的には夜勤や宿泊勤務が無く時間外勤務もほとんどありません
元気いっぱいの子どもたちと触れ合えるのも、メリットのひとつです。
しかし、保育中にトラブルがあった場合には、保護者の方への説明をする必要があります。

企業の保健室で働く「産業看護師」

企業には「産業看護師」という仕事があります。
産業保健看護職の専門制度として、「産業保健看護専門家(看護師)制度」があり、登録者試験を受けることで登録を行うことが出来ます。
試験は誰でも受けることが出来ますが、看護師の場合専門家制度登録試験を受けるまでに衛生管理者1種の資格を取得する必要があります。
産業看護師は、企業の保健室に勤務し、従業員の健康管理などを行います。
夜勤や時間外勤務がほとんどなく週休2日制が確保できることが多いのも魅力のひとつです。

people’s編集部)
mariiさんは今まで病院以外で転職された事はありますか?

marii)
はい!あります。今年で看護師7年目になるのですが、今まで5回転職をしました。1番最初に勤めた所は総合病院では珍しい透析病院でした。その後美容クリニック、耳鼻咽喉科クリニックを経て、応援ナースとして施設へ勤め、現在は同じく応援ナースとして総合病院に勤めています。

people’s編集部)
そうなんですね!あげていただいたような美容クリニック、施設以外で一般職に転職されている方もいらっしゃいますか?

marii)
もちろんいます!一般のIT企業に転職する看護師もいれば、自分で起業している看護師もいるので、病院以外でも様々な所で働く事ができます。

転職に求めたのは「やりがい」と「経験」他職種へ飛び込んでみるのはチャンスだと思う。

people’s編集部)
mariiさんは、今まで転職を5回を経験されていますが、転職に求めたものは何でしたか?

marii)
私が転職に求めたものは、1つの病院だけではなくて様々な所で色々な経験がしたいと思い、ジャンルが違う所で働きたいなと考えて転職しました。

people’s編集部)
mariiさんは、「経験を積みたい」ということが転職に求めたものですが、他の看護師の知り合いの方の転職の理由で1番多いものって何ですか?

marii)
1番転職の理由として多いのは「人間関係」が転職に求めるものとなっている方が多いです。次いで「残業の多さ」です。「やりがい」や「お給料」の話よりも、最初の2つの理由が多いなと感じます。

働きやすい環境を探すためには遠慮せずに情報収集すること

people’s編集部)
今まで色々な環境でお仕事をされてきたと思いますが、働きやすい環境を探すために、どのような事をしましたか?

marii)
転職しよう!良い環境で働こう!と思ったら、転職エージェントの方に相談した方がいいと思っています。病院内の事情を細かく知っていたり個人では調べられない情報を知っているので、自分の働き方にあった環境を探す事ができます!エージェントの方に相談しにくいと感じる方は、看護師仲間から自分が働きたいなと思っている病院の話を聞いてから転職活動をするようにしています。

marii)
病院によっては、夜勤が多かったり逆に夜勤に入れなかったり勤務時間外に会議や、研修がある病院もあります。人間関係の確認はそこで働いている年齢層を確認したりしています。どの年齢層が多いかでだいたい病院の雰囲気って分かるんです。笑
あとは、その病院で働いている人たちが新卒で入社した人がほとんどなのか、中途で入った方が多いのかも確認します。新卒ばかりの病院に行くと、「他の病院でも働いていたのだから経験しているし出来るでしょ?」と思われて、教えてくれるサポートがつかなかったりするので事前にしっかり調べてデメリットを確認しておくことが大切です。

看護師の転職はエージェントを使ったほうがいい

people’s編集部)
看護師さんの転職の方法だと、mariiさんの仰っていた転職エージェントのほかに、求人サイトなどもありますが。

marii)
そうですね!求人サイトや病院が直接募集を出している求人を見ての応募もあります。ただ、なかなか多忙な職業なので、求人の内容だけでは人間関係などの病院内の事が分からなかったり面接の日程等も自分で決めないといけないので自分で探すとなると結構大変です。

初めてエージェントを使うことが不安…自分に合ったエージェントを見極める方法は?

people’s編集部)
全部自分でこなさないといけないのは大変ですよね…やはり、転職エージェントの方に相談した方がいいと感じましたが、初めて使う方や今まで使ってあまり良い印象を受けなかったという方へ、自分にあったエージェントを探す為に見極めるポイントはありますか?

marii)
人材エージェントに登録すると、電話が掛かって来るのですが電話が来るまでどんな人が対応してくれるか分かりません。自分の目指しているキャリアやライフプランを話して、自分に合いそうな病院を紹介されたときに、メリットより、「多くのデメリット」を話してくれるかで判断しています。自分から何か要望を伝えたときも、「厳しいものには厳しい」と、親身になって応えてくれる方連絡したときの返事が早い方に紹介してもらうといい転職が出来ます。
とはいえ、エージェントの方との相性もあるので、違うかなと思ったら違うエージェントの方が対応してくれます。意思をはっきり伝えられれば自分にあったエージェントを見つける事が出来ると思います。

看護師転職のおすすめサイト

看護師転職で抑えておきたいおすすめサイトを4つご紹介します。

1位 看護roo!(カンゴルー)

転職情報以外のコンテンツも充実しているのが看護roo!です。
掲示板があったりコラムがあったりなど、読み物が充実しており、他の求人サイトと比べて情報収集をスムーズに行うことが出来ます

看護roo!に公開されている求人数は、54,509件(2020年12月23日時点)です。

都道府県別の検索だけではなく、「日勤のみ」「病棟の求人」などの希望条件別の検索、そしてフリーワードによる施設名での検索にも対応しています。
求人を探すだけであれば登録不要無料で利用することが出来ます

看護roo!では、看護師さんの目線を大切にした無料転職支援「看護roo!転職サポート」を行っています。

1)サイトに登録をしなくても求人を自由に探すことが出来る
2)無料登録を行うことで、以下の特典を無料で受けることが出来る
 ・応募手続き連絡の代行
 ・ネットに載っていない話が聞ける
 ・転職活動のサポート履歴書の添削や面接の練習)が受けられる

看護roo!は、看護学生と若手看護師向けのメディアなので、30代以上の方向けの転職求人が少ないのがネックです。

2位 看護のお仕事

看護のお仕事では、「職場の働きやすさ」に拘っており、年間40,000回(2019年実績)を超える病院や施設への校門取材を実施しています。

看護のお仕事に掲載されている求人は約6万件以上(2019年実績)です。

都道府県別の検索だけではなく、雇用形態職種勤務形態や配属先などの希望条件別の検索、そしてフリーワードによる検索にも対応しています。

求人を探すだけであれば登録をぜず、無料で利用出来ます。

看護のお仕事では、無料登録を行うと「転職サポート」を受けることが出来ます
看護師専門のキャリアアドバイザーがヒアリングを実施。
12万件以上の豊富な医療機関の情報の中から、独自に収集したリアルな職場情報を提供するだけではなく、条件交渉の代行も行っています。
電話ではなくLINEにも対応しているので、気軽に相談を行うことが出来ます。

しかし、「ブランク可」等の条件設定はありますが、年代で求人を絞るこむことは出来ません
そのため数多くある求人の中から、自分の年齢やキャリアに合ったものを探す必要があります。

3位 マイナビ看護師

マイナビでは、看護師だけではなく、ドクター薬剤師、そして医療介護スタッフ等、様々な転職サービスを展開しています。
そのため、勤務条件だけではなく医療機関の全体像を把握しているのが強みです。

マイナビ看護師に掲載されている求人は、約49,510件(2020年12月25日時点、非公開求人は除く)です。

地域資格勤務形態担当業務診療科目などで検索出来る他、地域名/病院名フリーワード検索にも対応しています。
また、こだわりには、「他業種への転職」という選択肢もあります。
看護師資格を活かせる求人をお探しの方におすすめです。

更にマイナビは、「職業紹介優良事業者」事業認定を取得しています。

無料転職サポートに登録をすると、非公開求人にも触れることが出来ます
キャリアアドバイザーが条件の確認や交渉をしてくれるだけではなく、一緒にキャリアを考えてくれるのも嬉しいポイントです。

マイナビ看護師も他の求人サイト同様、年齢による絞り込みやキャリアによる絞り込みが出来ません
そのため、ある程度フィルターを掛けた中から、自分に合った求人情報を一つひとつ精査する必要があります。

4位 ナース人材バンク

ナース人材バンクでは、求人の公開だけではなく、コラムの掲載無料転職サポートを行っています。
また、特集にも力を入れていて、「扶養内の求人特集」「土日休の求人特集」などもあります。

転職求人の検索は、エリア別に分かれています。
こわだわり条件では、職種勤務施設形態診療科目病床数の検索が出来ます。。
「管理職」を指定することが出来るのも嬉しいポイント。
また、フリーワードで検索も可能です。

ナース人材バンクでは、求人票にない非公開求人の提供給与交渉の代行等のサポートを、無料で行っています。
キャリアパートナーは看護師専門かつ地域専任なので、的確な転職アドバイスを受けることが出来ます。

検索はエリア別に分かれているので、都道府県を指定しないと検索が出来ません
県を跨いだ検索をしたい場合には、設定をし直す必要があります。

情報量が多いのは1位の「看護roo!」です。
ただし、おすすめサイトはあくまで転職サイトなので、求人を見比べることはできますが本当の解決にはなりません。
解決のためには、専門のエージェントに聞いてもらって、悩みを打ち明けるのが一番です!

しつこいエージェントが苦手な方へ対処法を伝授!

どの転職サイトに登録しても、エージェントからの電話はつきもの。
タイミングが悪いときの電話の断り方を紹介します。

people’s編集部)
「転職エージェント」と聞くと、苦手意識を持っている方も多いと思いますが、タイミングが悪いときの電話があった場合は、どのように断っていますか?

marii)
私は、「今は無理です。〇日の〇時ぐらいに、こちらから折り返します。」と、はっきり伝えています。その方が、何回もかかって来る心配もないので効率よくエージェントと話す事ができます。

people’s編集部)
なるほど!例えば、はっきり言う事に抵抗がある方向けに、他に方法がはありますか?

marii)
エージェントの方は「今無理です!」と、言われ慣れている方が多いので、そこまで気にしなくても大丈夫ですが、「電話で話すのが苦手。」という方は、LINEやSMSでメッセージのやり取りをするという手段もあるので、自分に合ったコミュニケーション方法を提案してみるのも良いと思います!

エージェントがなぜ電話をしてくるのか

転職エージェントの電話が多いのには「仕組み」に理由があります。

転職をしたい人が無料でエージェントを利用できるのは、求職者をクライアント企業に紹介した際に支払われる「紹介料」があるからです。
つまり、エージェントは求職者を紹介しないと売り上げがあがりません。
そのため、必死になって電話をしてくるケースが多いのです。

また、「良い求人があった」場合にも一生懸命電話をかけてくれるケースが多いです。
急募だったり好条件の場合には、募集期間が短くすぐに決まってしまうことも珍しくありません。
そのため、エントリーの意思を確認するために何度も電話をかけることがあります。

失敗しない看護師の転職方法

people’s編集部)
看護師さんの転職で失敗しないためには「良いエージェントに出会う」ことが大切だと思うのですが、エージェントに必ず伝えたり聞いた方が良いことはありますか?

marii)
私が絶対エージェントの方に聞くのは、人間関係や、有給残業時間のことはもちろんですが、直近でその病院を退職した人の退職理由休日に会議や勉強会の出席がないかどうか、新人で入社して先輩のフォローがついているか何歳ぐらいの人が多く働いていて看護師経験が何年目の人が多いか聞いています。
自分では調べられない事を聞いたときに濁さずに応えてくれる方、どれだけその病院の情報を多く把握出来ている方は、とても良いエージェントだと思います。

エージェント利用のメリット・デメリット

【エージェント利用のメリット】
エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

自分に合った求人を探して貰える
転職サイトの様に、膨大な求人の中から、自分の条件に合う求人を探す手間が省けます
ヒアリングの際に、地域年収そしてキャリアプランなど、希望をしっかりと伝えましょう。

職場の雰囲気や人間関係を知ることが出来る
求人では分からない、職場の実態を踏まえたうえで、あなたにピッタリの求人を提示して貰うことが出来ます。
少人数の職場でも、アットホームな雰囲気の所もあれば、職人肌のベテランが活躍する所もありますよね。
求人の写真や文面では分からない細かい所を応募前に聞けるのも、エージェントの良い所と言えます。

非公開求人から探せる
インターネット上に公開されていない求人や、そのエージェントしか取り扱わない専用の求人に触れることが出来るのもメリットのひとつです。

自分の市場価値を知ることが出来る
転職をする際に知っておきたい「市場価値」ですが、いきなり自分の価値と言われても分からないですよね。
転職エージェントには、沢山の看護師求人のデータがあります。
そのため、第三者の目線を通して、自分の市場価値を知ることが出来ます

【エージェント利用のデメリット】
エージェント利用には、デメリットもあります。

エージェントにはノルマがある
エージェントにはノルマがあるケースが多く、なかなか転職先が決まらないと、意に沿わない職場をすすめられることも
ゆっくりと考えたい時や、意に沿わない時にはハッキリと断りましょう

サポート期間が決められていることも
エージェントによっては、サポート期間が定められています。
そのため、転職が長期化してしまうと、無料サポートが打ち切られるケースがあります。

エージェントには強みがある
自分の経験やキャリアにマッチした求人を持っているエージェントを選ばないと、「折角登録をしたのにあまり求人の紹介が来ない」ことがあります。
エージェントには強みがあるので、登録前に地域や条件などを絞って、自分に合った求人があるのか確認しましょう。

自分にあったエージェントとは?

転職の際に大切なのは、あなたの要望を汲むだけではなく、第三者の目線で的確なアドバイスをくれる担当出会うことです。
また、自分に合った求人を探すためには、1社ではなく複数社に登録をすることも大切なポイントです。

更に、エージェントは、企業の規模地域性専門性を考慮し、複数登録をしましょう。
例えば、同じ看護師転職を扱っていても、エリアによっては全国展開をしている企業よりも地域に特化した企業の方が求人が豊富なケースがあります。
また、専門性が高い場合には、専門性に特化したエージェントの方が良いケースも。
特定の病院や施設の求人を全て取り扱う、専用求人を持っているエージェントもあります。

エージェントによって強みがあるので、複数社登録をすると、転職を効率よく進めることが出来ます

そして、転職先選び同様、エージェント選びも大切なポイントのひとつです。
とは言え、良いエージェントに出会うためには、「自己開示」が欠かせません。
恥ずかしがらずにしっかりと悩みや思いを伝えることで、強力な味方になってくれます。

焦って転職をしても、転職を繰り返すことになってしまいます。
ミスマッチをなくすためにも、キャリアプランをしっかりとたて、5年・10年先を見据えた転職をすることが大切です。

時にはエージェントに耳が痛いことを言われるケースもありますが、それはあなたとしっかり向き合って、あなたのことを考えてくれている証拠でもあります。

転職は、自分を見つめなおすチャンスです。
転職を成功させるためにも、自分としっかり向き合い、恥ずかしがらずにエージェントに相談をしてくださいね。

【結論】看護師が転職するならエージェントを活用すべし!

people’s編集部)
やはり、転職するならエージェントに相談すべし!ですよね?

marii)
はい!「自分にあった働き方」を自分で探す事は、時間も労力も掛かりますし、中の状況までしっかり調べる事が難しいです。
なので、「いい転職」をするならエージェントを活用した方が絶対いいと思います。1つの転職サイトだけではなく、いくつかの転職サイトに登録して、事前のメリット・デメリットの情報を集める事が大切です。
エージェントには、遠慮せずに自分の意思をしっかり伝えて、いいパートナーを見つけてください!いいパートナーが見つかればどんな些細な事でも相談しやすいので、転職に失敗がなくなります
自分らしく働くために、是非エージェントを上手に活用してみてください!


現役で看護師をしながらインフルエンサーとして活躍しているmariiさんに、看護師転職で自分にあった転職が出来るよう、様々なことをお伺いしました。
結論は、看護師が転職するなら転職エージェントを使うべし!
People’sとしての、おすすめの看護師転職サイトを紹介しているので用途や目的に応じて、自分に合ったエージェントを探しましょう!

PeoPle's