【2021最新】人気ウォーターサーバーおすすめ10選!水の専門家が徹底解説

ウォーターサーバーを導入したいと思ったときに、安いものと高いもので何が違うのか、水の種類が色々あるけどどんな特徴があるのか、1番おすすめのウォーターサーバーが知りたい!という方も多いのでは?

この記事ではウォーターサーバーの失敗しない選び方や水の種類などウォーターサーバーを選ぶときに気になることについて紹介しています。

今回アクアソムリエマイスターとして活躍されている鶴田雅人さんに取材をさせていただき、水について気になることを色々と教えていただきましたので、参考にしてみてください。

この記事のエキスパート

鶴田雅人

日本アクアソムリエ協会認定、アクアソムリエマイスター・公認講師。アクアソムリエとして10年以上活動中。水の味の違いへの...

ウォーターサーバーは安いものと高いもので何が変わる?

料金が変わるポイント

  • 水の種類
  • サーバー
  • サポート・メンテナンス料

ウォーターサーバーの料金は水の質や使用するサーバー、サポート料やメンテナンス料によって、大きく異なります。やはり質や性能が高いブランドであれば、必然的に料金が高くなってしまいます。

ウォーターサーバー各社が提供する水は「天然水」「RO水」「水道水」の3種類で、「天然水」の料金が最も高額です。最近はコスパの良い「水道水」も増加していて、水道水は家庭用の水を使うので、料金は水道代のみになります。

さらにウォーターサーバーは、基本的にメーカーから無料でレンタルして使用しますが、高性能な上位機種や、インテリアとしても優秀なデザインサーバーは有料になります。

また、故障や相談などのサポートと定期的なメンテナンスが充実しているメーカーは、毎月の料金にサポート料などを上乗せしている場合があります。設置や配送などの初期費用がかかるケースもあるので、初めての契約では注意が必要です。

知っておきたい「水」の種類

——軟水や硬水と言った水の種類を聞いたことがあるのですが、どのような違いがあるのか教えていただけますか?

軟水や硬水というのは「硬度」の違いとなっています。その硬度は水に含まれるミネラルの量によって決まっていてミネラルが多いものが硬水、低いものが軟水になります。

——軟水と硬水、どちらが体にいいということはありますか?

硬水の方がカルシウムやマグネシウムといった成分をとることができます。ただし、カルシウムやマグネシウムといった成分は味がありますので、苦手な人は苦手だと思います。また、マグネシウムは、人によってはお腹が緩くなることもあるので、普段硬水を飲み慣れない方はまず少量から試してみてください。

——ウォーターサーバーを選ぶ際にも水の種類があると思いますが、どうやって選べばいいのでしょうか?

ウォーターサーバーの水は「天然水」「RO水」「水道水」に分けることができます。

——どの種類がウォーターサーバーではよく使われていますか?

一番多いのは「RO水」かな、と思います。RO水は化学的にミネラルや水の中に含まれる汚れを除去した水のことを指します。RO膜という膜に水を通すことで純粋な水分以外を取り除き、RO水となります。「純水」とも呼ばれます。

RO水は水分以外のものが除去されたものですので、味は全部同じになります。ただし、メーカーさんによっては、4~6種類くらいのミネラルを添加されている場合もあります。

——RO水が一番使われているのには何か理由がありますか?

おそらくですが、コストが安いからかなと思います。原水の水質をあまり気にせずに済むので、機械の導入コストを一度払えば、あとは採水した水を膜に通すだけ、です。天然水の場合は場所選びから始まって、保存や水質の維持、手順の改良などやることがたくさんあるので、コストが高くなる傾向にあります。

——水の種類によっても値段が違うのですね。天然水と水道水についても教えていただけますか?

天然水はその名の通り、天然のお水のことを指します。採水する場所によって成分が違うので、異なる味を楽しむことができます。ものによっては産地を選べるメーカーもありますね。

最後が、普段からみなさまお使いの水道水です。水道水型のウォーターサーバーですと、いわば「水道の蛇口にちょっといい浄水器をつけるようなイメージ」で使うことができます。この場合、RO水や天然水のサーバーと比べると、タンクの交換がいらないのが特徴です。

ウォーターサーバーは購入すべき?それともレンタルの方が良い?

ウォーターサーバーは使用人数や水の消費量が少なく、短期的に使いたい場合はレンタル、使用人数や水の消費量が多く、長期的に使いたい場合は購入がおすすめになります。

購入がおすすめのケース

  • オフィスなどの大人数で使いたい
  • 初期費用を払ってでも長期的なコストを抑えたい
  • 3年以上使いたい
  • 利用する水の量が多い

レンタルがおすすめのケース

  • 家庭でウォーターサーバーを使いたい
  • 少人数で使いたい
  • 一定期間だけ使いたい
  • 衛生面が気になるので1年程度で交換したい
  • 定期的にメンテナンスしてほしい

現代はレンタルが主流なので、レンタルの方が種類やデザインが多く、ウォーターサーバーの選択肢が豊富です。インテリアの雰囲気に合わせて、デザインが好みのサーバーを見つけることができます。

レンタル代が無料の場合は費用は水の料金だけで、初期費用も少ないので気軽に導入できるのもメリットです。加えてメンテナンスやサポートも低価格で受けられるので、衛生面でも安心でき、故障やトラブルで困った時の心配もありません。

購入する場合のメリットとしては、解約期間や水の注文量などの縛りがない点です。契約の期間を気にせず、使用量にあった水だけを購入できます。ウォーターサーバーが所有物になるので、インテリアにあわせて自由にカスタマイズでき、傷や汚れなどを気にしすぎるストレスもありません。

また、3年以上利用する場合はレンタルよりも購入した方が割安になるケースが多くなっています。ウォーターサーバーを購入したら天然水の料金が割引されるキャンペーンなどもあるので、長期的かつ大人数で利用する場合に向いているといえますね!

しかし、購入する場合は少なからず初期費用が必要で、基本的にはウォーターサーバーの処分も自分で行うので注意しましょう。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

メリット

  • キレイで美味しい水が宅配で飲める
  • 冷水や温水が手軽に使える
  • ペットボトルのゴミが減る
  • 料理や炊飯に使用できる
  • おしゃれなインテリアとしても映える
  • 電気代もリーズナブル
  • 新生児のミルク作りにも便利

デメリット

  • 設置場所や余裕のあるスペースの確保が必要
  • 使わなければ無駄なランニングコストがかかる
  • 定期的なメンテナンスや衛生管理が必要
  • 水のボトルを交換する手間がかかる

ウォーターサーバーを使用する最も大きなメリットは、飲料に関して困らないという点です。宅配であれば手軽に美味しい水を飲むことができ、料理や炊飯でも活躍します。

さらに冷水と温水の給水レバーがあるので、5~15℃の冷えた水と70~90℃の熱いお湯を素早く使えて、コーヒーや新生児のミルク作りにも便利です。

近年のウォーターサーバーは白を基調とした無難なデザインだけでなく、おしゃれなインテリアとしても映える商品が数多く登場しています。

交換用のボトルは災害時や緊急時の備蓄水になるので、いざという時にもウォーターサーバーがあれば安心ですね!

デメリットとしては設置場所の確保やランニングコストが挙げられますが、コンパクトなサーバーや水代以外は無料のメーカーもあるので、そこまで気にする必要はありません。

定期的なメンテナンスやボトルを交換する手間も、豊富なメリットに比べると小さなものだといえます。

——ウォーターサーバーを導入するメリットを教えていただけますか?

メリットはめちゃくちゃ便利なことです!水を買いに行く必要がありませんし、お湯を沸かす必要もなくなります。

あとは気軽に水を摂取できるようになる点も大きなメリットです。実は、1日に必要な水分量1.5~2リットル程度をとれていない人は多いです。1.5~2リットルは根拠のある数字で基礎代謝などで出ていってしまう水の量となります。この量を補給できてないと脱水になってしまいますので注意が必要です。

水分は一回に吸収できる量が200ml程度なので、こまめに水分補給が必要なのですが、ウォーターサーバーがあるとこまめな水分補給が簡単になるからおすすめです!

——こまめに水分を取る必要があるのですね!

人間が喉を乾いたと思うときは体内の水が2~3%は失われています。ですので、喉が乾いたといって飲むのではすでに遅いので、定期的なタイミングでコップ1杯で飲むようにしたほうがいいですね。

——ウォーターサーバーのデメリットも教えていただけますか?

ボトルのゴミが出たり(あるいは回収まで家に置いておく必要があったり)、ウォーターサーバー自体の掃除をしなければならないので、手間が発生するという面はデメリットといえるかもしれません。

水道水と何が違う?ウォーターサーバーと水道水を比較

ウォーターサーバー水道水
安全・品質
種類
料金の安さ
用途の多さ

ウォーターサーバーの方が安全のように思えますが、水道水の方が安全基準は厳しいです。水道水の安全基準は「水道法」で、ウォーターサーバーに使うミネラルウォーターなどは「食品衛生法」で定められています。

水道法は51種類ものチェック項目があって、全ての項目をクリアして初めて家庭に提供されます。食品衛生法のチェック項目は殺菌・除菌工程有りの場合が39種類、なしの場合は14種類と水道法よりもチェック項目は少ないです。

さらに一部の基準値が水道法より低めに設定されているので、水道水の方が安全だと判断できますが、日本の安全基準は世界でもトップクラスなので、どちらも高品質で安全な水になります。

その他の比較項目に関しては、料金以外は圧倒的にウォーターサーバーの方が魅力的です。

天然水やRO水などの種類が豊富で、用途も料理から災害時の備蓄水まで多岐にわたります。味も軟水や硬水を自由に選べるので、自分の好みの水を見つけられますよ!

——天然水と水道水の違いを教えていただけますか?

天然水は地下水で、基本的には汚れていないピュアな水です。水道水は主にダムや河川など、地表に出てきている水ですので、汚れが溜まりやすくなっています。それを浄水場で綺麗にしたお水です。ちなみに一部の水道水には地下水がベースとなっているものもあり、そうした場合は塩素による消毒のみが行われています。

——天然水にはミネラルが入っているとのことでしたが、水道水にもミネラルははいっていますか?

よく誤解される点なのですが、水道水にもミネラルは入っています! 

すぐ分かる!人気ウォーターサーバーの月額料金比較表

月額(24L使用時)水の購入ノルマ
コスモウォーター4,104円月2本(12L)
ワンウェイウォーター2,700円20日間で2本(12L)
アクアセレクト3,311円月2本(11.35L)
アルピナウォーター2,897円なし
信濃湧水3,411円3ヶ月で4本(11.4L)
プレミアムウォーター3,974円月2本(12L)
ピュアハワイアン4,093円3ヶ月で4本(11.4L)
ウォータースタンド水道代のみなし
フレシャス4,924円(28.8L)なし
クリクラ3,380円3ヶ月で6本(12L)

上記の表は、人気のウォーターサーバーを24L使用した時の月額を基準にまとめています。

ウォーターサーバーの平均月額は3,000円〜5,000円の間で、購入ノルマもそこまで違いはありません。

月額も重要ですが、購入ノルマのペースやサービス内容などもしっかりと確認するのが大切ですよ!

月額コストが安い!ウォーターサーバー

月額のコストは水の料金だけでなく、レンタル代やメンテナンス代なども影響してきます。そこで、月額コストが安いおすすめのウォーターサーバーを3つご紹介します!

コスモウォーター

平均月額4,104円
水の種類天然水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期配送
最低利用年数2年

コスモウォーターは美味しい水を提供するために、独自の「鮮度キープシステム」を採用しています。

天然水のボトリングから工場出荷までは48時間以内で、新鮮な水を届けるために契約者の最寄りの採水地から直送します。

「クリーンエア」でタンク内のわずかな外気も、独自特許技術でしっかりクリーン化して雑菌の侵入を防止。「クリーンサイクル」で48時間ごとに熱水を自動循環させ、ウォーターサーバーをクリーンに保ちます。

さらに、120項目以上の厳しい自社チェック基準をクリアした天然水だけを出荷し、定期検査で安全面もバッチリです。

また、コスモウォーターの天然水は国際的な水の品評会で、日本の水として初めて金賞を受賞し、モンドセレクションでも金賞を7年連続で受賞しています。高い品質とこだわりが評価されている、世界が認めた天然水も魅力です。

片手でスライドするだけのらくらくボトル交換や、最大50名体制のお客様サービスセンターなどもあるので、安心して高品質な水を飲むことができますよ!

ワンウェイウォーター

平均月額2,700円
水の種類天然水・RO水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期配送
最低利用年数1年

ワンウェイウォーターは家族での利用に向いていて、12Lボトルの単価は業界最安値で、飲んだ水の分だけ支払うというシンプルな料金設定も魅力です。

洗練されたデザインと家族みんなが使いやすい機能付きで、グッドデザイン賞を受賞した最新型の「smartプラス」や、重たい水のボトルを持ち上げる必要がない足元ボトル設置型の「smart」などラインナップも豊富です。

さらに家計にうれしい省エネ機能付きなので、月々の電気代も470円程度とリーズナブルで、故障や不具合でも無料でサポートしてくれます。

サーバーレンタル代や初期費用、配送料などが全て無料で、月々にかかるのは水の料金だけなので、とにかく月額費用を抑えてウォーターサーバーを利用したいという方におすすめですよ!

アクアセレクト

平均月額3,311円
水の種類天然水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期配送
最低利用年数プランによって1〜2年

レンタル代や配送料が無料なので、料金は水代だけのリーズナブルなウォーターサーバーです。12Lガロンタイプボトルを使用した従来型ウォーターサーバーで、自然の恵みそのままの天然水を低価格で提供してくれます。

給水レバーには誤操作を防止するチャイルドロック機能を搭載しているので、小さな子供がいる家庭でも安心して利用可能です。さらに温水レバーだけでなく、冷水レバーも取り付けることができます。

ボトルには簡単につぶして捨てられるガロンワンウェイボトルを採用。使用後はつぶして資源ゴミとして廃棄でき、次回の配送まで空ボトルを保存する必要がなく、スペースを取ってしまう心配もありません。

現在はお得なスタートアップ年間パックプランを実施中なので、この機会にぜひお試しください!

失敗しないウォーターサーバーの選び方

月額が安いウォーターサーバーを紹介しましたが、他にも様々な重要ポイントがあります。月額以外の失敗しないウォーターサーバーの選び方を確認しましょう!

——ウォーターサーバーを選ぶときのポイントを教えていただけますか?

1番重視した方がいいと思うことはどんな水なのか、つまり天然水かRO水どちらを選ぶのかということです。基本的には、お水の味も良いですし、ミネラルが摂取できるという点からも、天然水の方がおすすめです。ただし、例えばメーカーの想定どおりに粉ミルクを作りたいとか、あるいはカリウムなど特定のミネラルを摂取したくないとか、単純にコストを抑えたいという場合には、RO水がベースのものも良いかもしれません。

一度ウォーターサーバーを導入すると他のメーカーに替えるのは手間だったりしますので、最初に選ぶ段階でコスト以外、特に水の種類も気にするようにしてください!

——ありがとうございます!そのほかにも値段以外に見ておいたほうがいいポイントはありますか?

水のタンクの位置が上にあるタイプ、下にあるタイプがありますが、ご高齢の方ですと、上にあるタイプはタンクを持ち上げるのが大変なので水を交換する時は大変かもしれません。あとは冷水、お湯以外に常温で出せるタイプを選ぶと水分補給に使いやすいと思います。

電気代も含めた費用面・コスパは大切

ウォーターサーバー選びでは、電気代などを含めた全ての料金合計で比較することが重要になります。ウォーターサーバーにかかる主なコストは、「水代」「サーバーレンタル代」「初期費用」「配送料金」「電気代」です。

例えば月の水代が安い場合でも、レンタル代や配送料金を確認せずに契約すると、結果的にコスパが悪くなってしまう可能性があります。

また、電気代にも注意が必要です。温水や冷水機能にかかる電気代は月1,000円前後で、最近では電気代が月300円程度で収まる省エネ型も登場しています。

ウォーターサーバーは水代だけで比較せず、総合的なコストまで考えて検討しましょう。

メンテナンス・掃除のしやすさは重要

メンテナンス費用についても、無料のメーカーや年間費用が決まっているメーカーなど様々です。長年の使用による衛生面や故障が気になる場合は、メンテナンス無しで2年に1回サーバーを交換するメーカーなどもあります。

近年はセルフメンテナンスのウォーターサーバーも増えているので、事前に確認しましょう。セルフメンテナンスのウォーターサーバーであれば、サーバー内に入る空気を浄化するフィルターの清掃や、パイプに熱水を通して殺菌する手間がかかるので注意してください。

カビなどの雑菌繁殖が心配な場合は、「抗菌・除菌機能」がついているウォーターサーバーを選ぶのも良いでしょう!

——ウォーターサーバーの手入れは大変ですか?

実はすごく大変です。お掃除機能があるタイプもありますが、エアコンの掃除機能と同じで完璧ではありませんので、自分で手入れをする必要があります。

手入れ方法に関して説明書をみてみると事細かく記載があり、メーカーが想定している掃除はかなりハードルが高いことがわかります。

すべてを毎回全部掃除するのは大変ですが、たまに掃除をしてあげないと中にカビが生えてしまう可能性もあるので定期的に掃除をしてあげるようにしてください。

置き場所やレイアウトによっては卓上タイプを選ぶ

卓上ウォーターサーバーは小さくてコンパクトなので、省スペースで設置できるのが魅力です。テーブルやラックなどの上に置くことができ、せまい部屋でもスッキリとしてスペースを取りません。

置く場所の高さを調整することで、ウォーターサーバーの高さも自由に変えられるので、使用する人や状況によって最適な配置が可能です。ウォーターサーバーの設置場所を高くすることで、小さい子供がいても安心して使用でき、設置場所を低くすれば水交換の位置も低くなって、お年寄りや女性でも楽にボトルを交換できます。

卓上タイプはキャスターが付いた台などに乗せて移動も可能で、通常の床置きタイプに比べて軽く、持ち運びも非常に簡単です。

置き場所やレイアウト、使用状況などによっては、卓上タイプを選ぶのもおすすめですよ!

天然水など水の種類にも注目

ウォーターサーバーの水の種類には、水源から採水した「天然水」とRO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使って濾過した「RO水」、家庭の水道にウォーターサーバーを設置する「水道水」の3種類があります。

天然水は原水に天然のミネラル成分が含まれていることから、天然由来のものを好む人、味や飲み心地を重視する人に人気です。RO水は塩素や重金属類はもちろん、微少な環境ホルモンや放射性物質なども、RO膜で逃さず除去しているので限りなく純水に近いです。

水のおいしさを重要視している場合は天然水、水の安全性や価格を重要視する場合はRO水がおすすめです。

水道に直接ウォーターサーバーを繋いで濾過する水道水は、料金面では最も安価ですが定期的なフィルター交換などのメンテナンスが必要です。味や品質でも劣るので、料金とクオリティを天秤にかけて検討する必要があります。

最新!ウォーターサーバー

フレシャス全員に天然水1箱無料プレゼント
FRECIOUS オリジナルグッズのプレゼント
プレミアムウォーター全員にQUOカード2,000分プレゼント
乗り換えで最大16,500円キャッシュバック
コスモウォーター新規契約で最大12,000円相当の特典
乗り換えで5,000円キャッシュバック
アルピナウォーター新規契約で初月0円+ボトル4本プレゼント
信濃湧水新規契約で3ガロンボトルを2本プレゼント

人気ウォーターサーバーが現在開催しているキャンペーンは、上記のようになります。

初回契約では水のプレゼントやQUOカードなどのキャンペーンが開催されていることが多いので、初めての契約の場合は特にキャンペーン内容に注目しましょう!

一人暮らしのウォーターサーバー選び

ウォーターサーバーといえば、家族やオフィスでの使用がイメージされますが、実は一人暮らしの使用にも適しています。

そこで、ここからは一人暮らしのウォーターサーバー選びについて解説します!

——一人暮らしでウォーターサーバーを導入しようと思ったときに、どんなポイントで選ぶのがおすすめですか?

一人暮らしの場合水の受け取りがいらない水道直結型は使いやすいかもしれないですね。または、受け取り時間が細かく指定できるメーカーのウォーターサーバーだと使いやすいと思います。

一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?導入のメリットを解説

メリット

  • 自宅で美味しい水が飲める
  • 一人暮らしでよく使うお湯と冷水が手軽に利用できる
  • デザイン性が高いので一人暮らしのインテリアとして活躍する
  • 災害の場合にも備蓄水として使用できて安心

導入が向いている人

  • 家で温かいお茶やコーヒーを頻繁に飲む人
  • 自炊をする人
  • 在宅勤務や自宅にいる時間が長い人
  • 自宅への来客が多い人
  • ミネラルを含む美味しい水を飲みたい人

一人暮らしでウォーターサーバーを導入するメリットは、基本的には家庭用やオフィス用と同じです。

しかし、一人暮らしは全ての水を自由に使えるので、より個人の目的や状況によって導入のメリットが変わります。

特に普段からコーヒーやお茶を飲む人、自炊をするような人はウォーターサーバーの導入に向いています。在宅勤務が増えた人や家にいる時間が長い人も、ウォーターサーバーのボトルを配送してもらった方が、水を毎回スーパーで買うよりも手軽でお得になる可能性があります。

また、デザイン性も高いので一人暮らしのインテリアとしても活躍します。

しかし、普段から水をあまり飲まない人は注文ノルマを消化できず、飲み切れない水がたまっていく可能性があるので、注意が必要です。設置する場所の確認も事前に行いましょう!

——デザインの違いによってなにか水やウォータサーバーに違いはありますか?

水自体には違いはありません。ただ、木目調のデザインやメタリックなデザインなどおしゃれなデザインだと月額の費用がお高くなる傾向にあります。

——見た目というと水が入ってくるボトルの形状にも色々種類がありますが、ボトルによって何か違いはありますか?

ウォーターサーバーのボトルは、プラスチックボトルだったりビニール袋だったり色々ありますが味の面でいえばそんなに差はありません。

味に違いはありませんが、潰せるタイプのほうがゴミを捨てるときに楽です。

また、メーカーによっては回収するタイプと自分で捨てるタイプがあります。ですので回収に来られるのも面倒、大きいボトルを捨てるもの大変という方は小さく潰せて捨てられるタイプを選ぶといいと思います。

一人暮らしのおすすめウォーターサーバー

では、実際に一人暮らしにはどのようなウォーターサーバーが向いているのでしょうか?人気メーカーの中でも、特に一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを厳選してご紹介しますね!

アルピナウォーター

平均月額2,897円
水の種類RO水
レンタル料629円〜
初期費用0円
配送料0円
注文方法都度注文
最低利用年数1年

12リットルボトルは1本1,134円とローコストながら、分子レベルまで磨き上げた純水に近い「アルピナピュアウォーター」は、非常に飲みやすい超軟水で安全性も抜群です。溶解率も高いので、赤ちゃんに与える粉ミルクなどの栄養分を損なわずに飲むことができます。

アルピナウォーターは不純物を一切含まないため、サーバーが不衛生になりにくく、安心のチャイルドロックも標準装備されています。

さらに、A4サイズの紙を2枚並べられるスペースがあればウォーターサーバーを設置できるので、一人暮らしに最適です。

現在はWEB限定で、新規契約の方に初期費用0円や12Lボトル4本のプレゼントなど、春のキャンペーンを開催中です。ぜひ、この機会にお見逃しなく!

信濃湧水

平均月額3,240円
水の種類天然水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法都度注文
最低利用年数1年

スタンダードサーバーはレンタル料が0円で月々の支払いは水代だけなので、始めやすくて続けやすいウォーターサーバーです。エコサーバーは内部クリーン機能や、最大42%の省エネができるエコモードを搭載しています。

さらに水の質の高さが特徴で、原水に標高1220メートルの水源に湧く天然水を採用し、信濃湧水の水源「矢沢水源」は国内ミネラルウォーターの採水地では、トップクラスの標高を誇ります。険しい自然環境に加えて一般人の立ち入りが制限されているので、観光客によって水源を汚されることもありません。

上記の理由から、国内水道水の平均硬度50よりも圧倒的に低い、硬度16の超軟水の提供を実現しています。澄み切った水でクセがないので、料理や赤ちゃんのミルクにも最適です。

スタンダードサーバーはスリムな卓上タイプが人気で、ボトルセット時のサイズは「横幅30cm×奥行31cm×高さ87cm」というコンパクトサイズが魅力ですよ!

プレミアムウォーター

平均月額3,974円
水の種類天然水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期注文
最低利用年数2〜3年

基本的にウォーターサーバーの水は「加熱処理」を行いますが、加熱処理した水はおいしさを引き立てる溶存酸素が激減します。しかし、プレミアムウォーターの天然水は安全な「非加熱処理」なので、水質やおいしさの基準となる溶存酸素が減りません。天然水本来の口当たりの良さや、まろやかさがあるのは嬉しいポイントです。

さらに、一人暮らしに最適な小型軽量の7Lボトルも用意しています。12Lボトルでは量が多いと感じる1人暮らしの方にはぴったりのサイズですよ!

「スリムサーバーIII」のショートタイプは、ショートタイプならではのコンパクトサイズで、置き場所を自由に選択できます。また、スリムでシンプルなデザインながらプレミアムな高級感を演出できるサーバーです。

冷水と温水をコックは押すだけで利用可能で、温水タンクの保温性を高めるなど、通常使用時の消費電力も抑えています。光センサー稼働のエコモードも搭載済みで、部屋が暗くなった状態をエコセンサーが感知し、自動的に温水タンクの電源をオフにできますよ!

卓上ウォーターサーバーのおすすめ

置き場所やレイアウト、使用状況などによっては、卓上タイプを選ぶのもおすすめです。テーブルやラックなどの上に置くことができ、せまい部屋でもスッキリとしてスペースを取りません。

さっそく、人気の商品を見ていきましょう!

ピュアハワイアン

平均月額3,888円
水の種類RO水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法都度注文
最低利用年数1年

ピュアハワイアンはハワイの大自然から生まれた天然水と、オリジナルボトルのデザインが人気のウォーターサーバーです。

ハワイの大自然から生まれた最高の天然水の魅力を余すことなく感じられるように、原水の不純物を徹底的に除去し、浸透性と溶解性を高い基準で達成しています。コーヒーや紅茶に適しているのはもちろん、昆布や煮干しなどのだしを出すのにもぴったりです。お米もふっくらと炊きあげることも可能なので、料理にもおすすめですよ!

さらにハワイアンジュエリーをモチーフにしたボトルデザインで、華やかな南国の花をあしらったラベルなど、ハワイ感あふれるオリジナルデザインも魅力になります。サイズも2ガロンと3ガロンから選択できるので、自由度も高いです。

ボトルも工場で一貫生産していて、なおかつ使い切りのワンウェイボトルなので、常に清潔で交換がしやすく残水も少ない形状です。ボトルはペットボトル素材なので、空ボトルは家庭ごみとして処分が可能で保管の必要もありません。

スタンダードサーバーに卓上タイプが用意されているので、日常にハワイテイストを付け加えるインテリアとしても優秀なウォーターサーバーです!

ウォータースタンド

平均月額4,378円
水の種類水道水
レンタル料4,378円
初期費用0円
配送料0円
注文方法
最低利用年数1年

ウォータースタンドは、水道水を浄水して使う水道直結型のウォーターサーバーになります。使用するのは水道水なので、水代を気にせず使える飲み放題のウォーターサーバーです。

水を購入する必要がないので、水の交換作業や在庫の置き場所の心配がなく、注文や受け取りなども一切不要です。また、料金体系も月々の定額制なので安心して利用することができます。もちろん取り替えやゴミ出しの手間、水の使用にも制限はありません。

水道水を利用するので心配になると思いますが、ウォータースタンドはトップレベルの浄水能力が特徴で、高機能フィルターが水道水をしっかり濾過し、安心安全でおいしい水を自宅で簡単に飲むことができます。

また、定期的に専門のスタッフがウォーターサーバーのメンテナンスを行ってくれるので、フォロー面も非常に優秀ですよ!

フレシャス

平均月額5,474円
水の種類天然水
レンタル料550円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期注文
最低利用年数2年

グッドデザイン賞受賞しているデザイン性と、便利な機能性に優れたウォーターサーバーで、厳選された3つの採水地から生まれる高品質の天然水が魅力になります。

新登場のコーヒー機能付きウォーターサーバーや、一人暮らし向けの卓上モデルなど、ウォーターサーバーの種類が豊富な点も人気の一つです。宅配水は使用後に小さくまとめて捨てられて、回収不要の軽量パックなので女性でも簡単に利用することができます。

さらに自動クリーン機能や節電機能もついたモデルもあり、クリーニング機能搭載のウォーターサーバーであれば、温水をサーバー全体に循環させて、気になるウォーターサーバー内部をクリーンな状態に保ちます。

また、対象のウォーターサーバーを申し込んだ人全員に、初回の天然水1箱を無料でプレゼントしています。人気のフレシャスグッズも数量限定でもらえるお得なキャンペーンも開催しているので、まずは公式サイトを確認してみましょう!

卓上タイプのメリット・デメリット

メリット

  • 置く場所の自由度が高い
  • スペースを有効活用できる
  • コンパクトでスリム
  • デザインが良くインテリアに馴染む
  • ボトルサイズが小さい場合がある
  • 一人暮らしや女性でも持ち運びが簡単

デメリット

  • 床置きタイプよりも転倒の可能性が高い
  • 機能面では劣ってしまう

卓上タイプのウォーターサーバーは小さくてコンパクトなので、設置場所の自由度が高いのが魅力です。テーブルやラックなどの上に置くことができ、下のスペースも有効活用できます。

さらに設置場所の高さを調整することで、使用する人や状況によって最適な配置が可能です。小さい子供がいる場合は設置場所を高くして安全面に配慮し、お年寄りや女性の場合は設置場所を低くしてボトル交換などを楽にできます。

卓上タイプはキャスターが付いた台などに乗せて移動することもできるので、床置きタイプに比べて持ち運びも簡単です。女性や一人暮らしでも移動に困りませんよ!

しかし、床置きタイプよりもスリムでコンパクトなので、サーバーが転倒する可能性が高く、機能面でも劣ってしまう可能性が高いです。なので、一人暮らしや本格的な利用までは考えていないライトユーザーに適しているウォーターサーバーだといえます。

オシャレなウォーターサーバーならamadana

平均月額3,974円
水の種類天然水
レンタル料0円
初期費用0円
配送料0円
注文方法定期注文
最低利用年数2〜3年

プレミアムウォーターの「amadana」はインテリアに調和するスマートなデザインが特徴です。ナチュラルな色味を使って平面で構成した形状が、家具と並べて設置しても違和感がなく、おしゃれなインテリアにも馴染みます。

ボトルカバーは本体との一体感にこだわり、水の残量がわかるように透明感のある素材を使用。調和と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーを実現しています。

横幅は「26.5cm」という業界においてトップレベルのスリムさで、ライフスタイルやレイアウトにあわせて自由に設置が可能です。

また、冷温水コックにはチャイルドロックボタンが標準装備されていて、温水コックには専用のスライドロック機能を搭載しています。温水スライドロックを解除しないとチャイルドロックボタンが押せないようになっている新機能で、小さな子供のいたずら防止にも役立ちます。

機能性と安全性が充実していながら圧倒的なデザイン性を兼ね備えている、おすすめの床置きタイプです!

【結論】ウォーターサーバーを選ぶときには水の種類に注目

——これからウォーターサーバーの導入を検討している方にアドバイスをお願いします。

ウォーターサーバーを選ぶときに一番重要なポイントは「天然水」なのか「RO水」なのかという水の種類を選ぶことです。

1度ウォーターサーバーを導入してしまうとなかなか替えることができないので、導入前に値段だけではなく水の種類にも注目するようにしてください!


本記事ではウォーターサーバーを選ぶ際のポイントやおすすめのウォーターサーバーを紹介していきました。値段に注目がいきがちですが、水の種類やボトルの形状など選ぶポイントは色々ありますので、生活スタイルにあわせて1番使いやすいウォーターサーバーを選ぶようにしてください!

鶴田さんのTwitterでは、色々なお水の紹介をしています♪PeoPle’s編集部は、鶴田さんからそれぞれに対しておすすめのお水を紹介していただき、一気にお水の世界に引き込まれました!!お水のことが気になる方は是非鶴田さんのTwitterもチェックしてくださいね!

株式会社エイムプレイスは、お客様の個人情報保護のため、 プライバシーマークを取得しております。

PeoPle's