永井佑一郎(アクセルホッパー)ってどんな人?本人に直接取材で聞いてみた

エンタの神様で超人気だった芸人アクセルホッパー。そのアクセルホッパーをやっていた永井佑一郎さんの現在や、アクセルホッパーのネタについて知りたい方の多いのでは?

この記事では、アクセルホッパー永井佑一郎さんにインタビューをし、

  1. 永井佑一郎さんの現在の活動
  2. アクセルホッパーのネタの解説

など、永井佑一郎さんについて気になることをすべて聞いてきました。

この記事を読めば永井佑一郎さんについて詳しくなれること間違いなしです!

この記事のエキスパート

永井佑一郎

永井佑一郎です。ピン芸人をやっています。芸人活動の他には洋服のデザインやリズムプランナー等をやっています。(HPから見る…

アクセルホッパーってどんな意味?名前の由来を本人が紹介!

——アクセルホッパーという芸名はどんな由来があるのですか?

もともとは「アクセルユー」という名前で行こうと思っていたのですが、エンタの神様のプロデューサーである五味さんが、「メガネがバッタっぽいからグラスホッパーでいこう」と言うのでグラスホッパーでいくことになりました。その後もう一度五味さんから連絡をいただいて、アクセルユーとグラスホッパーを組み合わせた名前にしようということで「アクセルホッパー」になったという経緯があります。

——ご自身で考えられた名前じゃなかったのですね!

そうですね!自分で考えたのではなく勝手につけられた名前です。(笑)

アクセルホッパーで一番人気のネタはなに?

——永井さんのネタの中で一番人気のネタはどんなネタですか?

アクセルホッパーを見たいという方は多いですね。僕自身が持っているキャラクター数は100キャラ以上あって500以上のネタを持っていますが、世間のイメージではアクセルホッパーのみと思われていたりします。そのへんは世間のイメージとだいぶ違うと思います。

——そんなにたくさんキャラクターやネタがあるのですね!

単独ライブが好きだったり、自分でなにかを作っているのがとても好きなので、ネタを考える時間自体も好きなので、色々なキャラクターやネタができていきます。

ただ、このネタがウケる、これをやりたいと思ったネタはスベって、自分ではこのネタはあんまりだなと思っていたものがウケたりします。(笑)

最近ではその感覚が大体分かるようになってきて、お客さんに求められているものがあるのだったら、それを出すべきという感覚がわかるようになってきました。

——自分がやりたいネタをやって失敗したエピソードはありますか?

以前イロモネアという番組に出たことがあって、5週勝ち抜かないと本番に出られない番組だったのですが、5週「ナイツ」というネタで勝ち抜いてきました。そしていざ本番となったときにみんな「ナイツ」をやると思っていた場面で、自分がやりたいネタをやったらスタッフ含めて全員「キョトン・・」となってしまって・・(笑)

この時に大事なのは需要とそれに応えること、と学びました。

エンタの神様出演当時のことを聞いてみた

——エンタの神様が放送されていた当時は人気もすごかったのではないですか?

よく「一発屋」と言われることがあるのですが、僕自身は一発もあててないと思っているのが正直なところです。一発屋と言える人はHGさんとか、エド・はるみさん、ジョイマンさん、ですよさんとかだと思っていて、僕自身は0.5発くらいしかあてられてないんじゃないかと思っています。

ちなみにエンタの神様に出たらライブのチケットが売れ残るようになりました。(笑)

——人気になったのに余るようになったということですか?

そのとおりです。エンタの神様に出る前は即売だったチケットも、単独のチケットも売上が減るようになりました。

インディーズのバンドを自分たちが育てるような感覚を持っていて、有名になるともう離れてく人もいるのかなと。
ただ、本当のファンは有名になってからもついて来てくれるような方だと思うので、そういった方がウケるように努力していきたいです。

アクセルホッパーはもう死亡した?もうネタはやらない?

——少し話は変わりますが、ネットで検索をすると「アクセルホッパー 死亡」と出たりするのですが、アクセルホッパーは死んでしまったのですか?

いや生きてますよ!(笑)今ここにいる僕自身がアクセルホッパーですから(笑)

ただ死亡説が出ている方って偉大な方が多かったりするので、そう思うと死亡と検索されるのは悪くはないと思えますね。

ポンポンスポポン?パンパンスパパンって何?意味や歌詞について聞いてみた

ここではアクセルホッパーのネタの歌詞について詳しくご本人に聞いてきました。発音の仕方のコツも聞いてきましたので参考に練習してみてください!

正しくはパンパンスパパン!声の出し方も解説

——アクセルホッパーのネタでパンパン?ポンポン?という音があると思いますが、実際正しくはどんな音ですか?

表記で正しくは「パンパンスパパン!」です!ちなみ発音は「ぽ」と「パ」の間を出すイメージ口の中では「オォン」声の出し方も「オォン」口の形は「パ」という感じ。唇を巻いてハネさせるイメージでやると僕がやっているような音がでますので、ぜひやってみてください!

HAYATOMANチャンネルの以下の動画にて、永井さんと一緒にアクセルホッパーの振り付けを実際にやっているので、動きのチェックもしたい方はこちらも確認してみてください。

TikTokでは動きを少しゆっくりとやっているので、こちらも参考にしてください!

アクセルホッパーのネタを紹介!

ここではアクセルホッパーのネタの歌詞を2つ紹介していきます。先程お聞きした発音方法を参考に真似してみてください!

アクセルホッパー 「自動販売機」

紅の夜に愛を込めて…

パンパンスパパン
パンスパンパンパンパンパンスパパン!
「自動販売機」

パンパンスパパン
パンパンスパパン
ジュースを買ったら
パンパンスパパン
やったぜ当たった
パンパンスパパン
またまた当たった
パンパンスパパン
え?また当たり?
パンスパーン パンスパーン
Oh! 1,000円入れたの忘れてたのね!
パンパンスパパン パンスパンパンパン
闇に包まれ蜃気楼

アクセルホッパー 「ノート」

紅の夜に愛を込めて…

パンパンスパパン
パンスパンパンパンパンパンスパパン!
「ノートにサイン」

パンパンスパパン
ねえねえ兄ちゃん
パンパンスパパン
サインをちょうだい
パンパンスパパン
しょうがねえな
パンパンスパパンアクセルホッパー!
パンスパーン パンスパーン
う”ぇ、う”、あ”ぁ、あ”
デスノート!
パンパンスパパン パンスパンパンパン
闇に包まれ蜃気楼

——永井さんは色々なネタをお持ちですが、ネタはどのようにして作られているのですか?

遊びから生まれたり、歩いていたりと、ふとした瞬間に生まれることが多いですね。アクセルホッパーのネタは大山の商店街を歩いているうちに「なにかキタかも!」と思って、その時にテレビ出れるかもと思うほどにビビッときました。

——遊びから生まれたりするのですね!

もともとはバナナマンさんなどに憧れてコントづくりもしていたのですが、5年目くらいで心が折れて、その時に僕についてのアンケートを100人くらいにやってみました。そのアンケートで僕のネタのどのタイミングで、いつ笑っているかを聞いたら「顔・音・動き」ということがわかりました。その結果から分析して色々模索していた結果生まれたのが「パンパンスパパン!」でした。ですので、心底やりたいネタだったかを言われれば微妙かもしれないですね。

——ナイツというネタでオールナイツ!とありますが、これはどういう意味ですか?

ナイツは「何かがない」という表現で、鍋ナイツ、寝ナイツ、食べナイツといった感じで語尾にナイツがつくネタです。このネタに関しては深い意味はありません。(笑)

アクセルホッパーと同一人物?気になる真相を確かめた

続いて、アクセルホッパーと同一人物じゃないか?と噂される芸能人について、本人に真偽を確かめてきました!

アクセルホッパーと「ひょっこりはん」

——永井さんとひょっこりはんって一緒の人がやられてるのですか?

違います!一時期、永井佑一郎と検索するとひょっこりはんが一番上に表示されていて、ぜんぜんひょっこりじゃなかったです。(笑)

——別に似てもないですよね?

似てないと思います。顔も芸歴も全部が違いますが、何かがあるんでしょうね。きっと何かが・・

——眼鏡の感じとかですかね?

どうなんでしょう?僕はひょっこりと言う感じではなく全力で踊ってましたけどね。(笑)

アクセルホッパーと「ですよ」

——ですよも同一人物と噂されてますが・・

はい、別人です。でも、ですよは未だに同一人物と言われることがありますね。

アクセルホッパーと「長井秀和」

——他には長井秀和さんと同一人物と出てくることもありますが。

色々出てきますね。(笑) もちろん別人です。

——他には永井さん自身で同一人物と言われたことがある方はいますか?

藤森慎吾さんが同一人物だと思っていたと未だに言われたりはしますね。テンションが似ているのかわからないですが根強いです。

永井佑一郎氏が吉本退所理由・現在の活動について語る

——2021年の5月31日を持って吉本興業を退所とのニュースを拝見しましたが、なにかあったのですか・・・

意味深な聞き方はやめてください!(笑) 
特に問題があったとかではなくて円満退所ですので!「めでたく退所された!」と言ってください!笑

現在は17ライバーとして活躍!

——現在はどのような活動をされているのですか?

現在メインでやっているのは17ライブで、生ライブを毎日配信しています。

——17ライブとはどのようなものですか?

リスナーが見に来てくれてコメントでお互いに会話をすることができます。日常的なトークをしたり、僕だったらネタをやったり。ただ、ネタだけをやっているとテレビと変わらなくなってしまうので会話を楽しむようにしています。

——その他にも活動されていますか?

リズムプランナーといってリズムを提供する仕事をしていたり、ナガビシャスというブランドで服を出していたり、あとは曲を出したりもしています。他にもTikTokをやったり、YouTubeもこれからやろうかと考えています。自分の中ではこういうコンセプトでやりたいというのも決まっていますので、色々挑戦していきたいと思っています。

もちろん普通にネタも作り続けています。芸人として生きて生きたいですからね。

——テレビへ出演される予定もありますか?

番組名は言えないですが一昨日撮影も行ってきました。テレビはどんどん出たいですし、断るということは基本ありません。どんどんオファー待っています!

出身地春日部で単独ライブ!

——単独ライブもやられているようですね。

夏に地元春日部で凱旋ライブをやりました。毎年冬に単独ライブをやっているのですが、昨年(2020年)の12月に実施したライブは2時間無観客の実施だったためしんどかったですね。(笑)

会場では無観客、オンラインでみなさんに見てもらっている形での公演でしたが、ネタをしているときにはみなさんの反応も見えないですし、コメントもみることができない中で2時間ネタをやり続けたので、なにか1つ壁を乗り越えた感はありました。

——また無観客で公演される予定もありますか?

正直もう無観客だったらやりたくないですね。(笑)
お客さんの笑い声があってこそです!

——私もいつか永井さんの単独ライブに行ってみたいです。

変なネタもあるので気をつけてくださいね。(笑)

——どんなネタですか?

例えば全開経といって目、鼻、口を開けるだけのネタとかがあります。単独ライブに来てくれる方は変なことをすると喜んでくれますね。

——永井さんの単独ライブはどんな方がよく来られていますか?

僕のライブは男性や40代くらいの方が多いです。優しい感じの人が多い印象で、ライブ配信を見てくれる方も同じです。自分のところに来てくれる方は見に来てくれている方同士の仲がよくてオフ会をやったりもしています。オフ会って普通は自分とリスナーが来てやるものだと思うのですが、リスナー同士の仲が良くなって、自分が参加しないオフ会をやったりしてますね。オフ会が終わった後に開催されたことを知りました。(笑)

——ファン同士の仲が本当に良いのですね!

本当に仲がいいと思います。自分が参加していないオフ会に対して「俺いらないじゃん!!」と言えるのも嬉しいですし、そんな方たちが集まってきていることが誇らしいとも思っています。

今後の目標について聞いてみた

——永井さんは現在色々な活動をされていることがわかりましたが、芸人として今後どのように活動をしていくといった目標はありますか?

今43歳なのですが、40歳くらいから考え方が変わり、以前は「芸人とはなにか?」と聞かれたら「生き様」と言っていました。派手に色々やって、遊んで、喋って笑わせて、そんな普段からただただ面白い人というのが芸人と思っていましたが、いまは「芸をする人が芸人」だと思うようになりました。頭の上でコマを回すでもいい、漫談でもいい、コントでもいい。とにかく芸をもつこと、目の前の人を笑わせたり喜ばせたりすることができる芸人になりたいと思っています。

そして、具体的な目標としては劇場を持ちたいと思っています。大きくなくてよくて50人くらいが入れるキャパの劇場を持ちたいです。
劇場は作るのにお金もかかるし、維持費もかかります。でも自分が好きに表現ができる場所がほしくて、同じ目標を持つ人と目の前のお客さんを笑わせたいなと思っています。

——素敵な目標ですね!すでに具体的な日程が決まっていますか?

まだ全然です。まずは直近にある単独ライブを成功させる。また現在やっている17ライブという発信の場を大切にしつつ、「永井佑一郎」というブランド力を上げていくのが大事だと思っています。自分自身のブランド力をあげて、結果として劇場を持ち続けられるようにしたいです。

永井さんのお嫁さんや家族について聞いてみた

——プライベートのことについてもお聞きしたのですが、お嫁さんはどんな方ですか?

芸能人で元おニャン子クラブです。

——すごい!さすが芸能人!

嘘です。(笑)

——(笑)

僕の奥さんは普通に一般の人です。

——奥さんとの間でなにか面白いエピソードがあったりしますか?

僕が公開プロポーズを若気の至りでやってしまったというエピソードがあります。35歳の時に「僕らのトーク」という自分が考えた歌を歌いながらトークもするライブをやったのですが、メンバーの中でギター担当の1人にだけプロポーズをすることを伝えておいて他の演者は誰も知らない中で、結婚してくださいの歌を歌ってプロポーズをしました。プロポーズは成功したのですが、まわりは「急に何だよ!」という感じになってました。(笑)

——普通にプロポーズをしないで公開プロポーズをしたのにはなにか理由が?

これが正解だとは思わないですが、こういう感じでやりたい、お客さんの前でやりたいという自分の欲があったのだと思います。

永井佑一郎さんから読者の皆様に一言!

——本日はありがとうございました!最後にこの記事を読んでくれている方に向けて一言お願いします。

僕のネタが面白いと思ってくれなくてもいいですが、こんなことをやっているという姿を見てほしいなと思っています。アクセルホッパーだけではなく、永井ってこんなやつだと知ってもらって、いい印象が残ったらもちろん嬉しいですし、悪い印象であっても何かしら印象に残れば嬉しいです。アクセルホッパーではない一面を知ってもらって、今後も僕のことを覚えていてくれると嬉しいです。

——これからエンタメをはじめようと思っている方もいると思いますので、そういった方に向けてもひとこといただけますか?

芸歴24年目が0年目に送る言葉ですね!
「無限の可能性しかない」
これだけは言いたいと思います。

まずは行動してみてください!絶対に楽しいから!

僕らがいる業界はサラリーマンとは違って、やりたいことをやっているから苦労はあるし、いくらでも苦労をすることができます。24時間芸のことを考えろとか、睡眠時間を削ってまで頑張れとかは人によって違うので、どんなやり方でもいいですが、努力することは大事です。僕自身はずっと努力しても売れることはできなかったですが、テレビに出ることはできました。僕の知っている売れている方たちの努力の量は半端ではないですし、自分に厳しく人には優しい人ばかりです。

努力をしていれば誰かしら自分のことを見てくれる人はいると思うので、毎日努力を続けるようにしてみてください。

0年目の方はとにかく無限の可能性しか広がってないです。自分が目指す姿に向けてずっと活動を続けているだけで見える世界が変わると思うので、続けてみてください。

あと1つ。売れる人は早い段階で折れている人が多いです。本当の天才なんてほとんどいないので、僕はかなわないって早く思えたほうがいいです。そうすれば自分がやるべきこと、評価を得るためにやらなければならないことが考えられるようになり、悩みの質が変わってきます。

続けると同時に挑戦も続け、早く壁にぶつかり、早く折れ、早く先に進めるように頑張ってみてください!


永井さんについて、ネット上で噂になっていることや、今までどこにも情報を解禁していない貴重なお話まで沢山聞くことが出来ました!エンタメに対して、とてもアツいメッセージまでいただいて取材班一同涙目に。

新しい事務所にも所属されて、ますますこれからの活躍に目を離せません!是非永井さんのTwitterで最新情報をチェックしてくださいね!

Pマーク

株式会社エイムプレイスは、お客様の個人情報保護のため、 プライバシーマークを取得しております。

PeoPle's