看護師転職おすすめ5社を比較

看護師転職サイトやエージェントは使わない方がいい?

看護師が転職をする時には転職サイトや転職エージェントを利用することが一般的です。しかし一部では看護師転職サイトや転職エージェントは使わない方がいいと言われることがあります。

この使わないという意見ですが、正解でもあり不正解でもあります。なぜなら看護師転職と言っても、希望する職場は人それぞれのため、使った方が良い方とそうではない方がいるからです。

この記事では看護師転職サイトやエージェントといった転職サービスを

  1. 使うべき人と、そうでない方
  2. 転職サービスのメリット・デメリット

について解説していきます。自分が希望している理想の転職を成功させるために、自分は転職サービスを使うべきなのか、使わないべきなのかを考える材料にしてください。

看護師転職サイトの仕組み

看護師転職サービスでは求人紹介をはじめ、面接対策、履歴書・職務経歴書の作成に関するアドバイス、キャリアに関する相談などすべて無料で看護師に提供をしています。

どうして色々とサポートをしてくれるのに無料で利用できるの?と疑問に思う方もいると思います。

実はこの看護師転職サービスの運営の仕組みは、病院や施設・企業などが支払う紹介手数料でまかなわれています。看護師転職サービス、病院など、看護師を図にすると以下のようになります。

引用元:https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/haken-shoukai01.html

それぞれのポイントだけ簡単にまとめると次のとおりです。

看護師転職サービスから求人紹介、面接対策、履歴書作成などのサービスはすべて無料で提供される
転職サイト
転職エージェント
・転職を希望する看護師をサポートする
・転職が成功した場合に病院などから紹介料をもらう
病院など転職サービスを通じて入職者があった場合に紹介料を転職サービスに支払う

この仕組みを理解しておくことで、次で紹介するメリット・デメリットがわかりやすくなりますので、それぞれどんな立場なのかだけは覚えておいてください。

転職サイト・エージェントを使うメリット・デメリット

まずは一覧で転職サイトやエージェントといったサービスを利用するメリットとデメリットをまとめました。

転職サイト・エージェントを利用するメリット転職サイト・エージェントを利用するデメリット
・豊富な求人から選べる
・転職活動の日程調整や条件交渉を任せられる
・転職やキャリアに関するアドバイスをもらえる
・書類添削、面接対策などの選考サポートを受けられる
・メールや電話がしつこい場合がある
・早く転職を決めるように促される場合がある
・希望する職場の求人がない場合もある

看護師転職サイトやエージェントを利用する大きなメリットは、仕組みでも紹介したように手厚いサポートを受けられることです。書類作成や面接対策はもちろん、今後のキャリアに関しても相談ができます。転職活動をする際は不安はつきものですので、相談できるプロが近くにいてくれることは大きな魅力といえます。

一方でデメリットは、早く転職を決めてほしいと決断を急かされる場合があったり、メールや電話がしつこい場合があるということです。転職サービスを提供する側としては、看護師が転職をしないと報酬が発生しませんので、焦らせる場合があるということです。

自分の意思や希望がはっきりとしていないと、流されてしまい、結果として「看護師転職サイトやエージェントは使わない方が良かった・・」となってしまうことがあります。転職の際に他人の意見を聞くことは重要ですが、自分として大切にしたいことははっきりと決め、転職活動に望むようにしてください。

自分が転職サービスを使う側であると意識することで、転職サービスを上手に利用することができます。あくまで主導権は自分が持っていると意識するのがおすすめです。

看護師転職サイトを使うと使わない方がいい人

自分が主導権を握り主体的に利用することで、大きなメリットを受けられる看護師の転職サービスですが、以下の2つに該当する方の場合は利用のメリットがあまりありません。

  • 国公立病院に転職したい人
  • 転職したい病院がすでに決まっている人
  • それぞれについて詳しく解説していきますので、自分の希望に該当するものを確認していってください。

    国公立病院に転職したい人

    国公立病院の求人が看護師転職サイトに掲載されているケースはまれで、掲載されていても求人数が少ないパターンがほとんどです。そのため国公立病院に転職したい場合は、直接応募するのがおすすめです。

    転職したい病院が既に決まっている人

    転職したい病院がすでに決まっている方の場合、転職サイトに登録せずに希望する病院や施設、企業などに直接応募する方がスムーズに転職活動を進められます。
    ただし転職したい病院の求人情報が出ていないケースもあるかと思います。その場合は転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーに転職希望先を伝えておき、求人情報が出たら教えてもらうようにしましょう。近い求人がある場合も紹介をしてくれますので、選択肢を増やしたい方にもおすすめです。

    看護師転職サイトを使った方がいい人

    ここでは看護師転職サイトを使った方がいい人の特徴と理由を紹介していきます。

    以下で紹介している内容を参考に、看護師転職サイトを使うかどうか決めてみてください!

    転職先の人間関係を事前に把握しておきたい人

    看護師転職サイトのキャリアアドバイザーは求人情報だけでなく、紹介先の労働環境や人間関係にも精通しています。事前に転職先の人間関係を把握しておきたい方は、看護師転職サイトを利用すると安心して転職できますよ。

    ブランク、早期退職などの理由から転職に自信のない人

    ブランクや早期退職などの理由から転職に自信がない方こそ、プロのキャリアアドバイザーの力を借りることで転職活動を成功させられる可能性が高いです。看護師転職サイトのキャリアアドバイザーは、求職者側では知りえない採用基準の情報を持っていることがあります。その情報を知ることで転職活動の成功確率を高められますよ。

    また前述したとおり、転職先の人間関係や労働環境を知ることができるので、転職後の不安を解消できます。転職が不安な方は、ぜひプロの力を借りて転職活動を進めてみてください!

    条件の交渉や質問が苦手な方

    直接応募で転職活動をする際には、自分で給与の交渉など労働条件に関する交渉をすべてやる必要があります。

    また就職する前に確認しておきたいことに関しても、自分で直接相手に聞く必要があります。

    しかし面接の場だと緊張してしまいなかなか聞きづらいという方もいると思います。そういった方の場合は、転職サービスを利用しておけば、担当のコンサルタントが自分の代わりに確認や交渉をしてくれるので安心です。

    自分ではうまく進められなさそうという不安がある方は、転職サービスをうまく活用してみてください。

    転職活動の状況や目的に応じて転職サイトを活用しよう

    転職サイト・エージェントを利用するメリット転職サイト・エージェントを利用するデメリット
    ・豊富な求人から選べる
    ・転職活動の日程調整や条件交渉を任せられる
    ・転職やキャリアに関するアドバイスをもらえる
    ・書類添削、面接対策などの選考サポートを受けられる
    ・メールや電話がしつこい場合がある
    ・早く転職を決めるように促される場合がある
    ・希望する職場の求人がない場合もある

    看護師転職サイトを使わない方がいい人は、国公立病院に転職したい人と転職したい病院がすでに決まっている人です。一方看護師転職サイトを使った方がいい人は、転職先の人間関係を事前に知りたい人とブランク、早期退職などの理由から転職活動に自信がない人です。

    転職サイトやエージェントは全員に適したものではありませんが、自分が希望する転職活動によっては大きな力となり、心強い味方になってくれる存在です。

    以下の記事で看護師転職におすすめの転職サイトやエージェントや、転職の流れを紹介していますので、気になる方はあわせて確認してみてください。